しないという選択肢はない!フロアコーティングで床ピカピカ

床

フロアコーティングの種類について

フロアコーティングを頼みたいなら、まずはいろいろとある種類を把握して、業者に施工してもらう方法を決めましょう。コーティング剤にはそれぞれ特徴があるため、情報を集めずに適当に選ぶと、施工後に見た目が気に入らないという事態になりかねません。とくに、光沢は好き嫌いがあるので、どのくらいピカピカになるのか、きちんと確認することが大切です。まず、ガラスやUVは光沢感が強いため、ピカピカという表現にあったフローリングが欲しい方にピッタリです。そして、ウレタンやシリコンは抑えめの光沢感になるので、ナチュラルなフローリングが欲しい方におすすめできます。フロアコーティングの実物はショールームなどで見られるため、迷っているのなら自分の目で確かめてから決めましょう。

床

コーティングの種類によって耐久性が違う

いろいろなフロアコーティングの施工方法を調べていると、値段にかなりのバラツキがあるのが分かるはずです。ピカピカとした見た目はあまり変わらないのに、値段に差があるのが不思議だと感じる方もいるでしょう。フロアコーティングに値段の差がある理由は、耐久性の長さの違いによるものがかなり大きいです。例えば、安価で利用ができるウレタンですが、五年から十年程度で表面の膜が剥がれ落ちてしまいます。一方の高価な部類に入るガラスの場合は、20年以上の長い間しっかりと表面の膜を持続してくれます。もちろん、ほかのUVやシリコンなどコーティングにも、それぞれ耐久性が決まっているので、しっかりと調べた上で業者に施工を頼みましょう。